3周目の雨音のCD
早くおとぎの国へ、連れていって

・・・・・・魔法がかからない夜。

外に出てみようか?
数え切れないほどたくさんの星を見上げようか・・・。
もしかしたら流れ星、見れるかもしれないね。

星座がわからないほど、たくさんの星たちが
瞬いてるよ、ほら。

いつのまにか空が高くなって、星が遠くなって、
何億光年の光
私に魔法をかけて。

もう、思い出させないで。

あの景色を
あの顔を
あの声を

あの夢を・・・・・・

空が白く、星たちを隠す前に

お願い。魔法をかけて。

4周目の誰も聴いていないメロディー

夢の中へ